出会い系サイトからの強迫

 いわゆる「悪徳出会い系サイト」と呼ばれるサイトがあります。こうした出会い系サイトは、その名のとおり「何らかの悪事を働くために出会い系サイトを立ち上げている」わけですが、その目的達成の手段として考えられるのが、たとえば「サクラ」をつかうという方法であったり、あるいはまったく出会いのためのサービスを提供せず、単に広告収入を得ようとする行為であったりと、いずれにしてもその「悪事」というのは、「なんでもいいから金を稼ぐ」というスタンスがそうしたサイトの共通の傾向になります。

架空請求に注意

hrtrs
 ただ、もっとも手っ取り早く不当なお金を手に入れることができる方法が、「架空請求」です。「完全無料」と謳っているサイトから突然料金請求が行われたとか、あるいは有料サイトでも、突然法外な利用料金が請求されたなどといったいろいろなケースがありますが、いずれにしても、そうした「架空請求」を突きつけられるユーザーが非常に多いのです。
 しかも、これに応じないでいると、住所や電話番号などを調べ、回収に伺いますといった内容の督促メールが大量に送られてくる場合もあるのです。電話番号などの個人情報を提供しているケースでは、高圧的な電話がかかってくることもあるようです。架空請求以外にも、出会い系サイトとサクラの関係は切っても切れない縁です。サクラにも気を付けましょう。
 おそらくそうした話を耳にしたことがあるという人はたくさんいらっしゃることと思いますが、それでもこの手の話がなかなかなくならないのは、この方法の成功率が高いからにほかなりません。
 架空請求を送ったすべての人でなくとも、一部の人がそうした脅迫に屈することで、業者側に十分な利益をもたらしてしまうのです。

インターネット上で出会い探し

rthrhtsr
 インターネットの普及依頼、これまで不可能だったありとあらゆることが、インターネットを介することでどんどん可能になっていったということを実感されている人も少なくないと思いますが、中でも「男女の出会い」をインターネット上で探すことは、極めて一般的なことになってきているという印象があります。インターネットの環境が整備される以前であれば、あまり積極的に男女の出会いを模索する機会がなかったというのが実際のところかと思いますが、しかし、インターネット時代に突入して以降は、それまで消極的だった人も積極的に男女の出会いを模索することができるようになりました。
 そして、その最大の功績者であるといっても過言ではないのが、「出会い系サイト」でした。もちろん今なお出会い系サイトを利用している男女は多く、その功績は今なお継続的、普遍的に評価されなければならないとは思いますが、しかし、正直なところ、出会い系サイトはその功績にくらべれば、不当に低い評価しか与えられていないというのが実際のところでしょう。
 これは、出会いが見つかるPCMAXをめぐるさまざまな問題がそうさせているというのが最大の理由ですが、そんな中、出会い系サイトに替わってメキメキと頭角を現してきているのが、「SNSサイト」です。
 SNSサイトでは、何も男女の出会いに特化する必要がないというところにメリットがあります。気が合う仲間が集い、その中から男女の恋愛に発展するような形が多いことから、「ネット時代以前の一般的な出会い」の形に近いというのが大きな特徴であるといえるでしょう。

更新情報